MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

旬のうまい魚を知る本 >

▼元突きん棒漁師が教えるカジキのうまい食べ方

土屋さんによると、カジキの味は季節によって大きく異なるのだそうだ。季節によっては、マカジキの味はクロマグロに劣らないと力を込めるのだ。
「われわれがサクラカジキと呼ぶ春のマカジキはうまいよ。なかでも50キロ以上で型の丸いのは絶品だね。こいつが1月から4月いっぱいまで、ここらに回遊してくるんだ。カジキがまずいという人は、この季節のマカジキを食べていないからだと思うよ。高級品だから、もちろん刺身で食うよ。背トロといって、きめ細かい脂を持つ背中がうまいんだ。腹のトロもうまいけど、ここは悲しいかな筋がある」
元突きん棒漁師によると、ミノワタというハラワタを使うマカジキの塩辛が珍味なのだそうだ。「ミノワタを細かく刻んで、散水しながら足で踏みつけるんだ。こうして中の汚れをすっかり出して、また繊維を軟らかくする。これを塩漬けにするんだ」。相手が大きなカジキだけに、塩辛作りは豪快この上ない。




東京書籍 (著:東京書籍)
「旬のうまい魚を知る本」
JLogosID : 14070343


【辞典内Top3】 サクラエビ  ▼周防灘産は一目で見分けられる  ▼壱岐の郷土料理「イカよごし」のおおらかな味わい  
【関連コンテンツ】

関連辞書

すし手帳 築地辞典 東京五つ星の魚料理 

関連書籍

 東京書籍「旬のうまい魚を知る本」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京書籍
価格:1,836
収録数:650匹
サイズ:18.6x13x2cm(四六判)
発売日:2002年8月
ISBN:978-4487797776

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト