MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

旬のうまい魚を知る本 >

▼わっぱ煮をアイナメ料理の最上とする

大型のアイナメは刺身がうまく、小型はから揚げや吸い物に向く。いずれの料理でも上品な味を楽しめ、独特な磯の香りもこたえられない。でもアイナメ料理を一つあげろといわれれば、ぼくは即座にわっぱ煮と答える。新潟県村上市沖に浮かぶ粟島の漁師が好んだ野外料理。以前は島の男たちは、わっぱ曲げ物の弁当箱)にご飯と味噌だけを詰めて船を出した。昼時になると近くの磯に下り、流木を集めて火を起こし、小石と獲ったばかりの魚を焼いた。わっぱの中のご飯と味噌をふたに移し、空のわっぱに真水を注いで味噌を溶かし、焼いた魚を加えて、真っ赤に焼いた石をそっと入れた。石の熱で湯が沸騰し、汁も魚もなんともいい味に仕上がり、冷えた漁師の体を内から温めるのだった。
わっぱ煮の魚はアイナメが一番とぼくに教えてくれたのは、漁を終えて杯を重ねていた粟島の老漁師だった。「以前は漁に出ると、必ずといってよいほど昼飯はわっぱ煮だった。仲間たちと焚き火を囲んで作ると、それは楽しかったな。魚はマダイでも、メバルでも、カワハギでも、なんでもいいのだが、アブラメ(アイナメ)のわっぱ煮に勝るものはないとわしは思うよ。だしがよく出て、磯の香りがしてなぁ」。




東京書籍 (著:東京書籍)
「旬のうまい魚を知る本」
JLogosID : 14070321


【辞典内Top3】 ▼強烈なヌメリを取り除く効果絶大な方法  ▼船上はハタハタの精液でまっ白  ソイ  
【関連コンテンツ】

関連辞書

すし手帳 築地辞典 東京五つ星の魚料理 

関連書籍

 東京書籍「旬のうまい魚を知る本」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京書籍
価格:1,836
収録数:650匹
サイズ:18.6x13x2cm(四六判)
発売日:2002年8月
ISBN:978-4487797776

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト