MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

旬のうまい魚を知る本 >

▼右手のノミではがし左手ですばやくキャッチ

一色海岸の手さぐり漁は見学するだけでも心が浮き立ってくる。解禁の日の正午に海岸に出てみると、磯では女たちが用意万端ととのえて、潮の引くのを待ちながら井戸端会議。みなカッパに磯タビのスタイル。足元の竹籠には、足ヒレ、ノミ、水中眼鏡、スカリなどの道具がそろっている。午後1時を過ぎて潮が引くと、さまざまな形をした岩礁と大小の石が露出してきた。これがトコブシの格好の生息場所になっているのだ。
スカリを腰に結んだ女たちは、腰ほどの水深まではいっていき、時には口元まで水面に沈めて、岩の下や岩の穴を左手でさぐる。まさに手さぐり漁であるトコブシを見つけたり、あるいは左手でさぐり当てると、右手に持ったノミではがして、すばやく左手で捕まえる。あるいは小さな岩をひっくり返し、トコブシ落として捕獲する。「私は体が大きいから、人よりも長く腕がのびて、手さぐり漁では有利なんですよ」とこの日の大漁にご満悦の鈴木さんだった。




東京書籍 (著:東京書籍)
「旬のうまい魚を知る本」
JLogosID : 14070124


【辞典内Top3】 ▼強烈なヌメリを取り除く効果絶大な方法  ▼船上はハタハタの精液でまっ白  ソイ  
【関連コンテンツ】

関連辞書

すし手帳 築地辞典 東京五つ星の魚料理 

関連書籍

 東京書籍「旬のうまい魚を知る本」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京書籍
価格:1,836
収録数:650匹
サイズ:18.6x13x2cm(四六判)
発売日:2002年8月
ISBN:978-4487797776

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト