MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全2ヒトの不思議 > 人物

宮本武蔵
【みやもとむさし】

巌流島決戦は賭けの対象にもなっていた?

江戸時代初期、剣豪として名を馳せた宮本武蔵の数多い果たし合いのなかで、最も名高いのが「巌流島の決戦」だ。近畿から関東にかけて剣名の高かった武蔵が、西国での剣名を保っていた佐々木小次郎を討ち負かしたこの勝負で、武蔵の剣客としての名は日本一として決定的なものとなったのである。後世になって書かれた武蔵と小次郎の決闘のありさまは、様々なエピソード伝える。その集大成としてられるのが、吉川英治著『宮本武蔵』だといえる。しかし、この書をはじめとする多くの作品が伝える決闘のエピソードのほとんどは、『二天記』という史料からだけ生まれたものだ。『二天記』が武蔵の死後一〇〇年以上たってから書かれたものであることを考えると、かなりの脚色が加わっているだろうといわれてきた。そんななか、一九八八(昭和六三)年、巌流島での決闘を公式のものとした細川家の当時の家老の日記が発見された。それによれば、小次郎は武蔵の木刀によって倒れたものの、息を吹き返したところを、潜んでいた武蔵の弟子たちによって殺されたのが真実だと記す。ただ、この日記にも裏がある可能性が高い。小次郎を殺したかったのは、実はこの決闘を公式試合として立会人となった細川家だったかもしれないからである。小倉藩主となったばかりの細川忠興は、藩の剣指南役として雇った小次郎の名声が高まり、藩内に勢力争いが生じるのを恐れたのだ。江戸時代初期の混乱の世相ならではの発想といえる。だから、武蔵との立ち合いに名を借りて、武蔵が小次郎を倒してくれれば思惑通り、たとえ小次郎が勝っても、密かに「相打ち」などの名目で小次郎を葬る計画を立てていたという。そのせいだろうか、武蔵と小次郎の決戦の話は早くから周辺地域に広まっていた。おそらく細川藩が大義名分をつくろうとしたのだろう。おかげで二人の対決は、剣の道とは無関係の町人たちの間でも評判になっていた。その結果、武蔵と小次郎のどちらが勝つかが賭けの対象になったほどだったという。




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全2」
JLogosID : 14820879

この辞典の個別アプリ

雑学大全2
浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は尽きまじ。新たな1000項目で帰ってきた,知的好奇心をそそる雑学の集大成第2弾アプリ。

【辞典内Top3】 火元責任者  上総・下総  八丁堀の旦那  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全2」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:25.6x18.4x3.6cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487801305

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト