MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全2生物の不思議 > 昆虫

ミノムシ
【みのむし】

メスは生涯をミノのなかで過ごす

蓑を着て枝からブラブラとぶら下がっているミノムシミノムシは蛾の幼虫で、一般的に見られるのはオオミノガやケヤミノガ、ミノガといった蛾のミノムシ。なかでもオオミノガのミノムシは、日本で最も大きいものである。オオミノガのメスは、蛾とはいえ、翅(つばさ)や脚がすっかり退化してしまっているため、羽化してもウジムシのような形をしており、ミノの外へ出ることができない。つまり、幼虫時代のみならず一生をミノのなかで過ごさなくてはならないのだ。そこで困るのが婿探し。ミノのなかでただじっとしていてもオスと出会うことはできず、つまり卵を産むことができない。そのためメスの成虫は、ミノのなかにいながらにしてオスをおびきよせるためフェロモンを出すのである。ミノの下から頭と胸の部分を少し出し、その胸からオスを誘惑する性フェロモンを放出するという。一般的な蛾は、この性フェロモンを腹部末端から出すことが多く、オオミノガをはじめミノガの仲間のように胸部から出すことは珍しいそうだフェロモンに引き寄せられたオスがミノにやってくると、オスは腹部のみをメスのミノのなかに入れ、手探りならぬ腹探りで交尾器を探し当て交尾をおこなう。フェロモンのおかげでオスと出会ったメスは、ミノのなかに一〇〇〇?四〇〇〇個の卵を産みつけた後、死をむかえる。孵化した幼虫は糸を吐き出しながらミノから出て、風にのって分散し、新しい住処へとたどりつくことになる。幼虫はミノのなかで冬を過ごした後、四月?六月にそのままミノのなかで蛹(さなぎ)となり、五月下旬?八月に羽化するそしてメスはフェロモンを出してオスを誘い、それに誘われたオスがメスのミノを訪ね……と繰り返すである




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全2」
JLogosID : 14820875

この辞典の個別アプリ

雑学大全2
浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は尽きまじ。新たな1000項目で帰ってきた,知的好奇心をそそる雑学の集大成第2弾アプリ。

【辞典内Top3】 火元責任者  上総・下総  手のひらを太陽に  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全2」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:25.6x18.4x3.6cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487801305

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト