MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全2生物の不思議 > 植物

マリモ
【まりも】

天然記念物のマリモを、お土産として売っていいの?

小さい瓶に入った緑色のかわいいマリモ育てるのに手間はかからないし、値段も手頃だし、友だちや親戚にお土産で買って帰るとたいそう喜ばれたものだ。しかし、ここで疑問が一つ。確かマリモは国の特別天然記念物に指定されているのでは?天然記念物は採ったり持ち帰ったりはおろか、お土産品として販売してはいけない。どうしてお土産として売っているのだろうか。その理由は、実際に販売されているマリモは特別天然記念物ではなく、人間の手によってつくられる人工物だからだ。そもそもマリモとは、北海道の阿寒湖、屈斜路湖が有名だが、そのほかにも青森県左京沼にはヒメマリモという直径一?三センチマリモが、山梨県山やま中なか湖にはフジマリモという直径二?三センチマリモが生育している。そのなかでも、阿寒湖のマリモだけは湖の絶妙な小波の効果によって、ほかには比べ物ならないほどの素晴らしい大きさと形に生長する。これは芸術品とまで呼ばれており、ゆえに特別天然記念物に指定されているのだ。一方、お土産用のマリモは、釧路湿原のシラルトロ湖や樺太にある、もずくのような小さなものを原料にして、それを裁断し手で丸めてつくられたものである。しかし、人工とはいえ、丸める作業はかなりの技術が必要とされ、熟練していない人が丸めると簡単に分裂してしまうそうだ。このマリモを水につけておくと、だんだんと形が整い、丸いマリモができ上がる。それにしても逆に気になるのは、天然記念物マリモである。これはさすがに手に入れることも、なかなかお目にかかることもできないのだが、その芸術品とやらを一度じっくり眺めてみたいものである




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全2」
JLogosID : 14820849

この辞典の個別アプリ

雑学大全2
浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は尽きまじ。新たな1000項目で帰ってきた,知的好奇心をそそる雑学の集大成第2弾アプリ。

【辞典内Top3】 火元責任者  冷奴  手のひらを太陽に  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全2」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:25.6x18.4x3.6cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487801305

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト