MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全2ヒトの不思議 > 人体


【て】

人類の祖先も、笑うときには手をたたいていた!?

大笑いするときに手をたたく行為は、老若男女を問わず見られる。クセというよりも、人間の自然な反応といった感がむしろ強い。では、なぜ手をたたくのか。これには、大きく分けて三つの説が唱えられている。一つめは、興奮を鎮しずめるためという説である。人が興奮すると、体内では、そうした強い感情を抑制しようという反応が起こる。これが手をたたくという行為になるという。つまり、大笑いしていると、体のなかでは興奮状態の一種と判断され、無意識にその感情を鎮めようとして手をたたく行為となる。机をたたいたり足を踏み鳴らしたりする動きもこれと同じである。二つめは、強いストレスを発散させるための行為であるという説。ストレスというと、緊張したり、強い不安感を持ったりといったことを連想するが、ウキウキ、ワクワクといった感情が高まることもストレスの一種である。「大笑い」というストレスを発散させるために、ただ笑うだけでは上手く発散できず、手をたたくなどの行為も追加して発散させてしまうというわけだ。これは第一の抑制説と反対の解釈ということになる。最後の説は、本能だからという説。この根拠として例に出されるのがチンパンジーだ。チンパンジーは、興奮すると手をたたいたり飛び跳ねたりする。興奮すると勝手に体が動いてしまうという本能が、現代人のわれわれにもしっかりと受け継がれているというのだ。無意識に、つい手をたたいているというあなた、それは遠い祖先から受け継がれてきた本能の仕業かもしれない。




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全2」
JLogosID : 14820573

この辞典の個別アプリ

雑学大全2
浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は尽きまじ。新たな1000項目で帰ってきた,知的好奇心をそそる雑学の集大成第2弾アプリ。

【辞典内Top3】 火元責任者  冷奴  手のひらを太陽に  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全2」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:25.6x18.4x3.6cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487801305

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト