MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全2趣味 > 音楽

シューベルト②
【しゅーべると】

子どもの頃のニックネームは、「キノコちゃん」!

シューベルトの子どもの頃のニックネームは「キノコちゃん」だったという。正確にいうと、「マッシュルームちゃん」だったのだが、その理由はどうやら彼の風貌にあるらしい。当時、兵役の義務があったオーストリアの資料に、貴重なシューベルト住民票が残っている。それによると、「フランツ、一七九七年生まれ、音楽教師、身長四フィート一一インチライン、虚弱」とあり、しかも評価としては「相対的に見て兵役に適さず」とある。四フィート一一インチラインを計算すると、一五〇センチである。兵役の条件は身長五フィート以上、健康というものだったため、シューベルトの体格は適合していなかった。また、彼は視力も弱かったので、兵役を免れていたともいわれる。この資料からもわかるように、シューベルトは背が低かったのだが、体格はずんぐりとしていて、頭もわりと大きく、額が広く丸くて突出している風貌だったといわれている。そこから「マッシュルームちゃん」というニックネームがついてしまっただろう。肖像画にしても、シューベルトを描いた戯画風の絵の一つに、歌手のミハエル・フォーグルが胸をそらして威張って歩いている後から、小さいシューベルトが腕を組んで楽譜を小脇に抱えてついていく、といった様子を描いたものがある。これだけ後世に語られる才能のあったシューベルトでも、自分のニックネームまではどうすることもできなかったようだ




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全2」
JLogosID : 14820409

この辞典の個別アプリ

雑学大全2
浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は尽きまじ。新たな1000項目で帰ってきた,知的好奇心をそそる雑学の集大成第2弾アプリ。

【辞典内Top3】 火元責任者  上総・下総  手のひらを太陽に  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全2」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:25.6x18.4x3.6cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487801305

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト