MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全2学校じゃ教えてくれない?! > 数字

九九
【くく】

室町時代以前は「九九、八一」から覚えはじめた!?

小学校二年生になると九九を習うが、当然、一の位から二の位、三の位と進んでいく。当たり前だと思っていたが、その昔、九九を覚えるときには、いちばん難しい「九×九=八一」のほうから覚えていたという。もともと、九九の発祥は、お隣の中国。『万葉集』などの文献から、奈良時代に中国の特権階級から伝わったという記載がある。なぜ難しいほうから覚えるかというと、一説によれば、特権階級のものとされていたため、一の位からでは簡単で広まりやすいため、九の位から数える習わしになったという。日本では、八世紀から九世紀にかけて平城京、平安京、藤原京、長岡京などの遺跡に、九九を落書きした木簡も発見されている。一〇世紀になると『口遊』という書物に、九の位からの覚え方で、「これを九九という」と書かれている。これは、漢文学者で歌人だった源為憲が当時七歳だった藤原為光の子、誠信(幼名は松雄)のためにつくったテキストで、これが現在の「九九」という言葉の語源であるテキストには有名な「九九の表」も記載されていた。ちなみに、チベットでも九九は九の位からの方式で覚えるという。日本では、「九九=八一、九八=七二、九七=六三……」と九の位から進んで覚えていたのは室町時代以前。一の位と九の位、どちらからでも覚える時代を経て、江戸時代初期には、一の位から進めるやり方がスタンダードになったといわれている。元祖の中国でも、いまの日本と同じように、一三世紀になると、「一一=一、一二=二、一三=三……」と一の位から進めるのが風習になった。やはり、簡単な数字からのほうが覚えるのが楽なのだろう




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全2」
JLogosID : 14820247

この辞典の個別アプリ

雑学大全2
浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は尽きまじ。新たな1000項目で帰ってきた,知的好奇心をそそる雑学の集大成第2弾アプリ。

【辞典内Top3】 火元責任者  上総・下総  手のひらを太陽に  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全2」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:25.6x18.4x3.6cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487801305

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト