MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全2学校じゃ教えてくれない?! > 漢字

当て字
【あてじ】

「安本丹」で、なぜ「あんぽんたん」と読むのか?

当て字は地名や姓名に限らず、日常生活でも使っていることがよくある。たとえば、愚か者の代名詞あんぽんたん」は漢字で「安本丹」と書くが、なぜこうなったのかというと、かつて日本の西南に「安本丹」という蛮国があり、その国の人が日本へ漂着するのだが、言葉が通じず愚鈍に見えたことからその国の名を用いたという説や、江戸時代に使用された「反魂丹」という薬からきたという説がある。後者は「馬鹿につける薬はない」という意味合いだろうか。「流石(さすが)」も当て字だ。これは中国の宋時代の書である『世説新語』にある故事によるものである。晋の孫楚という人物が自分の隠遁の志を述べる際、「石に枕し、流れに漱ぐ」といわなければならないのに、「石に漱ぎ、流れに枕す」と誤っていってしまった。だが彼は、「石に漱ぐのは歯を磨くため、流れを枕にするのは耳を洗うためだ」と言い逃れをしたということから、「漱石枕流」で負け惜しみを意味するようになった。日本ではさしずめ「さすが、うまく言い逃れたものだ」という意味合いからついたものと思われる。ちなみに、かの夏目漱石の「漱石」もこの故事からとられている。なお、ネコが糞をした後に砂をかけてそれを隠すことからきている「猫糞」や、「百が手」からきたともいわれる「百足(むかで)」、老人に似ている風貌からきたという「海老」、人を寄せるという意味の「寄せ席」が短縮されてできた「寄席」、「替え銭」からきたといわれる「為替(かわせ)」、「倶に楽しむ」という字を当てた「倶楽部」なども私たちに身近な当て字である




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全2」
JLogosID : 14820016

この辞典の個別アプリ

雑学大全2
浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は尽きまじ。新たな1000項目で帰ってきた,知的好奇心をそそる雑学の集大成第2弾アプリ。

【辞典内Top3】 火元責任者  八丁堀の旦那  手のひらを太陽に  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全2」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:25.6x18.4x3.6cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487801305

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト