MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全2趣味 > スポーツ

アインシュタイン
【あいんしゅたいん】

ノーベル賞の賞金は、離婚の慰謝料にあてられた

有名人であることの代償としては数々のことがあげられるだろうが、離婚の際の慰謝料が莫大な金額になることもその一つである相対性理論を発表してノーベル賞を受賞したアインシュタインは、一九一九年に最初の妻ミレーバと離婚した。その日は二月一四日。現在ではバレンタインデーとして恋人たちが互いに贈り物などをし、愛を確認する日であるミレーバはアインシュタイン同じく科学者をめざしていたが、大学の卒業試験に失敗したことと、アインシュタインとの間にできた子どもの出産が重なり、夢をあきらめざるを得なかった。その後、アインシュタインが研究に夢中になるあまり、ミレーバの存在を疎うとましく思うにつれ、ミレーバのほうでも自分の夢を犠牲にしてまで尽くしたのに自分に関心をなくしていく夫に不満がたまっていた。一九一四年、アインシュタインがベルリン大学へ招聘されたのを機に、二人は別居し、アインシュタインは以前から交際があったいとこのエルザと結婚を前提に付き合うようになる。ミレーバへの慰謝料には「もらえるはずの」ノーベル賞の賞金をあてる約束をしていたという。実は、アインシュタインはそれまでに何度も推薦を受けていたものの、なかなか受賞にはいたらなかった。一説によると反ユダヤの科学者たちが、アインシュタインへの授賞に圧力をかけていたともいわれている。アインシュタイン相対性理論正しいことが証明されたのは、一九一九年五月二九日の皆既日食によってであるイギリスの日食観測研究グループが、本来であれば見えないはずの太陽の裏側にある星を観測したのだ。アインシュタインノーベル物理学賞を受賞したのはその二年後である。受賞の理由は相対性理論ではなく「光電効果の発見」であったが、アインシュタインにとっては案外どちらでもよかったのではないだろうか。とにもかくにも、約束の慰謝料を無事に払えたのだから




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全2」
JLogosID : 14820000

この辞典の個別アプリ

雑学大全2
浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は尽きまじ。新たな1000項目で帰ってきた,知的好奇心をそそる雑学の集大成第2弾アプリ。

【辞典内Top3】 火元責任者  上総・下総  八丁堀の旦那  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全2」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:25.6x18.4x3.6cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487801305

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト