MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全ヒトの不思議 > 人体

わきが
【東京雑学研究会編】

§わきがはなぜ臭うのか?

七〇%とか八〇%という湿度と不快指数。高温多湿の日本の夏は、毎日大汗をかいて暮らすことになる。建物内部はエアコンで快適さが保たれているが、いったん外に出ると、「滝のような汗」という表現が当てはまる。
この汗、衣類が湿り、肌がベタベタして不快だというくらいなら、しばらくは我慢もしよう。ところが、「汗臭さ」ということになると、自他ともに閉口することがある。特に、「わきが」と呼ばれる独特の臭いは悩みの種となる。この臭いのもとになる汗は、普通の汗とどのように違っているのだろう
汗には二種類ある。一つは、エクリン腺から出る汗で、額などにかくのはこの汗である。水分が九九%、残りは塩分と尿素が成分である
もう一つは、アポクリン腺。腋の下や局部の毛穴の近くにあって、エクリン腺の一〇倍も大きい大汗腺で、ここから出る汗がわきがのもとになる。成分は、脂肪分、鉄分、蛍光物質、色素など。うすい黄色で、粘り気がある。この汗そのものは無臭であるが、排出された後、腋の毛や陰毛についている細菌で分解され、悪臭を放つようになる。
ほかには、皮脂腺から出る分泌物も臭いのもとになる。皮脂の新陳代謝でうまれた垢と、脂肪や汗が交じり合った皮脂膜は、皮膚や毛髪に潤いを与え、守ってくれる大切なものだが、その中に含まれる脂肪酸が酸化されると独特の臭いとなる。
脂肪酸には数種類あって、どれが臭いのもとかは不明であるが、肉などの高たんぱく・高脂肪食品を多量に摂ると、皮脂腺からの分泌物が増えるという。
食生活の洋風化とともに日本人の皮脂腺からの分泌物も、その成分を変えているのかもしれない。汗の臭いを気にする人たち、特に若者たちに、制汗剤がよく売れているという。




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全」
JLogosID : 12670957

この辞典の個別アプリ

雑学大全
「働きバチは1日6時間しか働かない」など、知的好奇心をそそる雑学の集大成。全1000項目を収録したアプリ。

【辞典内Top3】 性的に刺激する色  五節句廃止令  村八分?  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全2 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:26x19x4cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487799473

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト