MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全自然 > 天候


【東京雑学研究会編】

§ヨーロッパに降る雪は赤い!?

雪は白いもの。これは幼児でも知っている常識であるところが、ヨーロッパでは赤い雪が降るというのだ。
世界が広いと感じるのはこんなときである。日本中で誰が雪が赤いなどと言う人がいるだろうか。でも、フランスのパリでは、「確かに赤いよ」と返事が返ってくることになる。
パリだけでなく、イタリア、ドイツ、スウェーデンといったヨーロッパの諸国では、春先にほんのり赤い雪が降る。
これを顕微鏡でよく見てみると、雪の核になっているのは直径五〇ミクロンという赤みを帯びた砂粒なのである。この砂粒、実はアフリカのサハラ砂漠のものである。それが、春先に吹く南風によって、地中海を越えてヨーロッパまで飛んできたものなのである
この時期、サハラ砂漠からヨーロッパに運ばれる砂の量は一〇〇万トンにもなるとか。それが雪に混じると赤い雪に、雨に混じると赤い雨になってしまうのである
きちんと理由がわかれば納得するが、最初にこの雪を見たときには、さぞかしヨーロッパの人々は驚いたことだろう
ちなみに、世界を見渡せば、黄色い雨やブルーの雨が降ることもある。黄色い雨の正体はマツの花粉だし、ブルーの雨の正体はアメリカポプラやニレの木の花粉だ。花粉が空中に散らばっているところに雨が落ちてくると、雨がその花粉の色になるのである




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全」
JLogosID : 12670943

この辞典の個別アプリ

雑学大全
「働きバチは1日6時間しか働かない」など、知的好奇心をそそる雑学の集大成。全1000項目を収録したアプリ。

【辞典内Top3】 五節句廃止令  炭坑節  一か八か  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全2 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:26x19x4cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487799473

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト