MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全趣味 > スポーツ

マラソン②
【東京雑学研究会編】

§マラソンコースの距離は実は四二・一九五キロではない!?

近代オリンピックとともに始まったマラソンの距離が、四二・一九五キロであることは一般に知られている。が、実はほとんどのマラソンコースが、規定の四二・一九五キロよりちょっと長めにとられているのだという。その理由は測定法にある。
では、この長いマラソンコースは、どうやって測定しているのだろう
日本陸上競技連盟によれば、日本ではなんとメジャーで計測しているとのこと。道路の左端から一メートルのところを歩き、五〇メートルメジャーなら五〇メートルごとに継ぎ足していく。このごくふつうの方法で、えんえん四二・一九五キロ。何とも気の遠くなるような話だが、コース測定法は、国によってまちまちだという。ちなみに国際陸上競技連盟では、スチールウィーンという円形のドラムを転がして、測定する方法を勧めているそうだ
ところがどの測定法でも、わずかな誤差がでる。もちろんコースが短いと、レースは無効となってしまう。事実、すごい記録が出たので測定しなおしたら、実は距離が足りなかったため公式記録とはならず、涙をのんだという例もある。が、プラスの誤差なら〇・一%、つまり四二・一九五メートルまでは認められている。万一に備え、二〇メートル程度長めに距離をとることがあるのもうなずける。そんなわけで、マラソンコースは規定の四二・一九五キロより長めの距離で競技されることが多いのだ。




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全」
JLogosID : 12670904

この辞典の個別アプリ

雑学大全
「働きバチは1日6時間しか働かない」など、知的好奇心をそそる雑学の集大成。全1000項目を収録したアプリ。

【辞典内Top3】 クラウチングスタート  五節句廃止令  性的に刺激する色  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全2 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:26x19x4cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487799473

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト