MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全生活 > 乗り物

船①
【東京雑学研究会編】

§船の大きさを表すトンはいろいろある!

船の大きさを表すのは、トンという単位だが、これが船の重さを表しているのかといえば話はそう簡単ではない。
確かに一トンは一〇〇〇キログラムの重さを表す単位である。しかし、船は重さでその大きさを表現するものではないのだ。
では、何で表すのだろうか。
まず、一つは船そのものの容量をその大きさとして表す方法がある。これは総トン数と言われるもので単位はトンである。一〇〇立方フィート(三五三分の一〇〇〇立方メートル)を一総トンとするもので、船全体の体積を計り、それを三五三分の一〇〇〇で割って求められる。これは一九六九(昭和四四)年の「船舶のトン数速度に関する国際条約」によって、世界的に統一されている。この条約に基づいて求められたものを「国際総トン数」と呼ぶ。
さらに、そうやって求めた「国際総トン数」から、機関室や船員室など、荷物室や客室ではない部分を引いて表した容積を「純トン数」と呼んでいるが、これも一つの船の単位である。主に船の収益にかけるトン税や係船料などを計算するときに用いられる単位である




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全」
JLogosID : 12670832

この辞典の個別アプリ

雑学大全
「働きバチは1日6時間しか働かない」など、知的好奇心をそそる雑学の集大成。全1000項目を収録したアプリ。

【辞典内Top3】 凸凹  一か八か  メトロノーム  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全2 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:26x19x4cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487799473

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト