MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全生活 > 飲み物

ビール②
【東京雑学研究会編】

§ビールはどうやったらおいしく飲めるか?

ビールの種類もずいぶん増えたものだ。国内で生産されているビールの種類も多いが、輸入物も増え、ビール党にはありがたい状況かもしれない。
どのビールを選ぶにしろ、おいしく飲むためには、気をつけなければならない点がいくつかある。ビール楽しみ方もなかなか奥の深いものである
まずは「泡」。老舗ビアホールには、グラス盛り上がる泡をいつも一定にするよう心砕いている専門家がいるほど、ビールの泡の質と量が味を左右すると言われている。
きめの細かいクリーミーな泡で覆い、ビールの味を封じ込めるようにグラスに注ぐことが大切である。そのためには、最初はゆっくりと、そして次第に勢いをつけて注ぎ、泡ができ始めたら、その泡を持ち上げるように静かに注いでいく。泡の割合は、グラスの三分目ほどが良いそうである。きれいな泡ごと飲むとビール本来のおいしさが味わえる。泡はふたの役目をしているのだから、最後まで残しながら飲むようにしよう。
グラスはきれいに洗っておくこと。汚れがついていると、泡がよく立たない。よくすすいだら、ふきんで拭いたりせずに、そのまま自然に乾かすのがよい。
冷やしすぎると、ビール本来の味がわからなくなる。適温は、日本の夏なら六~八度くらい。冬は一〇~一二度。
保管場所は、光の当たらない涼しいところがよい。日光にさらされると「日光臭」がつき、旨みがなくなるのだ。
酸化が徐々に進むので、三か月を目途に飲んだ方がよい。
さらにつけ加えるなら、ビールを振動させないこと。過飽和状態の炭酸ガスが気化して大事な泡が噴出してしまう。ビールの継ぎ足しもよくない。炭酸ガスの抜けたビールに新鮮なビールを混ぜてもおいしくないのは当然である




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全」
JLogosID : 12670784

この辞典の個別アプリ

雑学大全
「働きバチは1日6時間しか働かない」など、知的好奇心をそそる雑学の集大成。全1000項目を収録したアプリ。

【辞典内Top3】 凸凹  一か八か  メトロノーム  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全2 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:26x19x4cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487799473

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト