MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全ヒトの不思議 > 男と女

ハネムーン
【東京雑学研究会編】

§ハネムーンに隠された本当の意味は?

ハネムーンといえば一般的には新婚旅行。新婚夫婦が水入らず過ごす旅行だが、辞書などでは「蜜月」「蜜月旅行」と訳されている。
ハネムーンは「蜜(honey)」と「月(moon)」の合成語。新婚夫婦が二人で過ごす、蜜のように甘い一か月かと思ってしまうが、語源はそうではない。
現在でも蜂蜜は消化吸収がよく栄養価が高いので病人食や美容のために飲まれているが、昔はスタミナをつけるために蜂蜜酒を飲んでいた。蜂は蚕と並んで人間によって飼育された最も古い昆虫で、古代ローマの頃から人々は蜂蜜酒を作り、命を延ばす酒と呼び親しんでいた。
古代のゲルマン人も新婚夫婦は結婚後一か月間、子どもを作るスタミナをつけるため蜂蜜酒を飲み続け、これがハネムーンの語源と言われている。
さて、スカンジナビア人の場合はもっと切実な理由で新婚一か月間、蜂蜜酒を飲み続けなければいけなかった。
もちろん子どもを作るためのスタミナも必要だが、当時、スカンジナビアでは結婚のほとんどが略奪結婚だったため、花嫁を奪った青年は新妻の父親の許しが得られるまで、二人で逃避行を続けなければいけなかった。そういったハードな日々を過ごすため蜂蜜酒を飲んでいたのだ。
新婚カップルハネムーンと称して旅行にいくのは、そういった風習の名残だといわれている。




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全」
JLogosID : 12670773

この辞典の個別アプリ

雑学大全
「働きバチは1日6時間しか働かない」など、知的好奇心をそそる雑学の集大成。全1000項目を収録したアプリ。

【辞典内Top3】 握手  国連旗  男女マーク  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全2 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:26x19x4cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487799473

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト