MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全生活 > 食べ物

バニラビーンズ
【東京雑学研究会編】

§バニラビーンズは何の種?

アイスクリームや、生クリームを使った洋菓子に欠かせないのがバニラの香り。甘く優しい香りは、お菓子の味を引き立てている。
通常、家庭でお菓子を作るときは、ビン入りのバニラエッセンスを使って香りをつけるが、高級洋菓子店などの生クリームをよく見ると、小さな黒い粒が点々と入っている。これが、「バニラビーンズ」と呼ばれる香りのもとである
ビーンズといっても、豆ではない。バニラは蘭科の植物で、中南米のジャングルに自生している。香りの主成分はバニリンと呼ばれ、熱病やヒステリーにも効果があるとされてきた。
バニラはつるで伸び、淡い緑色のトランペット型の花をいくつも咲かせる。この果実が、長さ一五~三〇センチの長さのバニラビーンズである。豆のさやのような形をしているのでこう呼ばれるが、中にあるのは豆ではなく、黒い小さな粒々。つまり、バニラは蘭の果実なのである
緑色のバニラビーンズは、やがて黄色になり、四~五か月経つと紫がかった褐色に変わる。現在、バニラは世界の各地で栽培されているが、収穫したままのバニラビーンズは、さほど香りはせず、発酵させてはじめて、あの芳香が出る。
発酵の方法はさまざまだが、完熟前の黄ばんだ頃のバニラビーンズを、さっと熱湯につけて日に干したり、密閉した容器に入れて毛布にくるむことを何度も繰り返すという、何日もかかる作業である
ゆっくり発酵させたバニラビーンズは、しだいに褐色になり、芳香を発するようになる。長くしわの多い形状のバニラビーンズを束ねて出荷することになるのだが、日本でも、洋菓子素材の専門店で見ることができる。
バニラエッセンスは、果実の周囲の果肉から出た液を、アルコールで抽出して作ったものである




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全」
JLogosID : 12670771

この辞典の個別アプリ

雑学大全
「働きバチは1日6時間しか働かない」など、知的好奇心をそそる雑学の集大成。全1000項目を収録したアプリ。

【辞典内Top3】 凸凹  一か八か  メトロノーム  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全2 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:26x19x4cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487799473

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト