MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全そーだったんだ! > 由来

のし
【東京雑学研究会編】

§あわびのイラストが「のし」の由来だった!?

お中元やお歳暮、結婚式の引き出物など、改まった贈答品にはのしをつけるのが一般的。
のしの起源はずいぶん古く、古代日本にまでさかのぼらなければいけない。この頃の日本では、あわびが貴重な保存食料品の一つになっていた。まだ貨幣経済が浸透していなかった頃、一般庶民は干したあわびや蒸したあわびを税金として国に納めていたのだ。
干しあわびを作るときは、まずあわびの殻や内臓を取り去って、肉を長いすじ状にして、小刀で薄くはぎ、水洗いして乾かす。なま乾きのときにおもしをつけて引き伸ばして、細長くしたまま固くなるまで乾かして税として献上していたのだ。
この「国家への贈答品」が、貨幣経済が発達した後も、あらたまった贈り物の印として残った
中世には上流階級の間で贈答用に重宝され、武家の出陣や婚礼などの祝儀、正月の飾りとして使われていた。
ほとんどの場合、干しあわびを折り畳んだ四角い色紙に包んだものが使われたが、時代が経つと黄色い紙で代用したり、紙につつんで水引きをかけたり、と簡略化されるようになった。現在では単に「のし」と書くだけですませたり、印刷したものを使ったりするようになってしまったのだ。
「のし」の語源だが、進物を包んだ上に張りつけた細長い干しあわびの形は、ひらがなの「のし」に似ている。そのことから「のし」と呼ばれるようになったと言われている。
「のし」は漢字で書くと「熨斗」だが、これは「火熨斗」からのあて字で、あまり深い意味はないそうだ。伸ばしたまま干して作ることから「のし」と呼ばれるようになったという説もある。
あわびを干す様子は平安初期の「延喜式」などにも書かれていて、食用以外に当時の宗教行事にも供え物として用いられていた。今も伊勢神宮への供物としての干しあわびは作られ続けている。古代から一五〇〇年も続いている、由緒ある贈り物なのだ。




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全」
JLogosID : 12670754

この辞典の個別アプリ

雑学大全
「働きバチは1日6時間しか働かない」など、知的好奇心をそそる雑学の集大成。全1000項目を収録したアプリ。

【辞典内Top3】 凸凹  一か八か  メトロノーム  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全2 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:26x19x4cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487799473

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト