MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全生物の不思議 > 昆虫

ナメクジ
【東京雑学研究会編】

§ナメクジはジレンマに苦しんでいる?

渦巻きの殻を背負ったユーモラスな姿で、「でんでん虫」と子どもにも親しまれているカタツムリところが、殻を背負っていないナメクジは、「ひゃっ、気味悪い」と嫌われて、塩をかけられたりする。
そもそもナメクジは、カタツムリの仲間の陸貝だったのだが、進化の過程で殻を退化させたのである。では、どうして体を保護し、乾燥を防ぐ便利な殻を、わざわざ捨て去ったのだろうか?
それは、殻を作るためには、多量のカルシウム分が必要だからであるカルシウムを得にくい土地では、繁殖しにくいし、絶滅しかねない。そこで、粘膜で体を覆って、殻がなくても生きていけるよう進化したのである。そのため、ナメクジはより広い生息域を得ることができた。
ナメクジの表面を覆っている粘膜は、大変ねばっこいし、殻を捨てたため、カタツムリよりも湿気の多い場所を好む。
また、カタツムリは、丈夫な殻の中に内臓があるが、ナメクジは、軟らかい体の内部に内臓を収めている。そのため、内臓をコンパクトにしなければならず、しかも、移動するための蠕動運動を行うたびに、それらの内臓が圧迫されている。
ナメクジが停止しているとき、体を太く短くしているのは、内臓にかかる圧迫を少しでも軽くするためである
ナメクジは、殻を捨てて身軽になり、新天地に進出して生きていける範囲を広げたものの、その分だけ苦しまなくてはならないという、ジレンマに悩んでいるのである
ナメクジの中でも、コウラナメクジ類などは、殻の痕跡であるカルシウム質の甲羅を持っている。体の中に埋没しているので、外側から見てもわからないが、イカの甲羅のような感じである




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全」
JLogosID : 12670716

この辞典の個別アプリ

雑学大全
「働きバチは1日6時間しか働かない」など、知的好奇心をそそる雑学の集大成。全1000項目を収録したアプリ。

【辞典内Top3】 凸凹  一か八か  メトロノーム  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全2 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:26x19x4cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487799473

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト