MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

教科書クイズ国語 > 中2

Q:『徒然草』は序段から始まって何段までありますか。

【4択】244段/245段/246段/243段

【問題】
中2国語

【正解】
244段

【解説】
「徒然草」は兼好法師(1283年ごろ~1352年ごろ)の随筆で、鎌倉時代の後期、元弘元年(1331年)ごろの完成と言われています。序段「つれづれなるままに、日暮らし硯に向かひて…」から始まって、合計244段あります。




東京書籍 (著:教科書)
「教科書クイズ」
JLogosID : 8608661

【お隣キーワード】Q:動詞の活用形は、何種類ありますか。  Q:漢字は成り立ちや性質のうえで何通りに分類できますか。  Q:「大臣のおトモをする。」のカタカナを漢字に直すとき、正しいものはどれですか。  Q:「罪をオカす。」のカタカナを漢字に直すとき、正しいものはどれですか。  
【辞典内Top3】 Q:卵子と精子が結びつくことを何といいますか。  Q:アメリカの国土の面積は日本のおよそ何倍ですか。  Q:体内に運ばれてきた養分の一部を一時的にたくわえ、必要なときに、  

この辞典の個別アプリ

教科書クイズ
「学校で習ったこと」どこまで覚えていますか?教科書クイズは、教科書に掲載されている内容を、クイズで楽しむアプリケーションです。小学校、中学校の教科書に掲載されている内容で作られたクイズなので、大人も子どもも、誰もが楽しめます。JLogosではその中から問題をQA形式で掲載しています。

東京書籍・教科書クイズ

【中1社会】
Q:キャッサバから何がとれますか。



→次の問題へ

関連書籍

 東京書籍「教科書クイズ」

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト