MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全生物の不思議 > 動物

ナマケモノ①
【東京雑学研究会編】

§「ナマケモノ」はどれほど怠け者なのか?

その名に恥じない怠けぶりで、知れば知るほどうらやましくなるのが、ナマケモノのライフスタイルである
私たちはナマケモノというと、木の枝にだらーんとぶら下がっている姿を思い浮かべる。だが、写真などでおなじみのあの格好も、実は移動中の姿で、ナマケモノにとっては、精一杯活動しているところなのである
徹底した樹上生活を送るナマケモノは、一日のほとんどを、自分の気に入った枝でじっと座ってすごす。
また、生き物にとっては生存の絶対条件で、最大の楽しみであるはずの食事さえ、手抜きですませる。彼らが食べるのは、セクロピアなどの木の葉だが、できるだけ手の届く範囲で食事をすませようとする。努力してまで、食べ物をとろうなどとは考えないらしい
しかも、口に入れた葉を、よくよく噛もうとはしない。それでも消化できるのは、胃がいくつにも分かれており、そこに食物繊維を分解できるバクテリアがいるからなのである。つまり、草食に最も適応した動物のウシの胃と、同じ仕組みになっているのだ。
その上、胃袋に食べ物が入ったという情報が脳に届くのが遅いので、ひっきりなしに食べ続けることになる。胃は常に満杯で、ときには体重の三分の一が胃袋という事態を招き、その消化に一か月もかかるという。だからといって、胃がパンクすることもなく、バクテリアじっくり消化してくれるのだ。




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全」
JLogosID : 12670713

この辞典の個別アプリ

雑学大全
「働きバチは1日6時間しか働かない」など、知的好奇心をそそる雑学の集大成。全1000項目を収録したアプリ。

【辞典内Top3】 五節句廃止令  上野アメ横  炭坑節  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全2 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:26x19x4cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487799473

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト