MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全ヒトの不思議 > 人物

ナポレオン
【東京雑学研究会編】

§ナポレオンは、香りの好みの不一致で離婚した?

ナポレオンは、社交界の花だった六歳年上の未亡人ジョゼフィーヌにすっかり惚れこみ、口説き落として一七九六年に結婚した。
ナポレオンが帝位に就くと同時に、ジョゼフィーヌも皇后となり、アツアツぶりを周囲に見せつけた二人だったが、一八〇九年には離婚してしまう。
その原因は、二人とも浮気癖がおさまらなかったためとも、後継ぎとなる子どもができなかったためともいわれているが、もう一つの原因として噂の種になったのが、二人の香りの好みである
二人とも、一か月に何十本もの香水を使うほどの香水好きだった。ここまでなら、共通の嗜好ということで、むしろ夫婦仲にはプラスに働きそうだ
ところが、二人の香りの好みは、全く違っていたのである
ナポレオンが愛用していたのは、ジンチョウゲから採る沈香など、植物性の軽い香り。
とりわけ好んだ「ローズ・マリー」というオーデコロンも、あっさりした香りだった。
ところが、ジョゼフィーヌが愛用したのは、動物性の麝香の香り。別名ムスクというこの香りは、中央アジアに生息するジャコウジカの雄の包皮腺(香嚢)からとる濃厚なもので、異性を引きつける効果があるといわれている。
しかし、ただでさえ濃厚な麝香の香水や香油を、好き放題に使うものだから、ジョゼフィーヌの部屋は香りでむせ返るほどだったという。
好みに合わない香りを嫌というほど嗅がされて、ナポレオンは何度も妻に文句を言っていたという。
ナポレオンは、その後オーストリア皇女のマリ・ルイーズと再婚するが、ジョゼフィーヌが死去するまで、二人は文通を続けていた。近くにいて趣味に合わない香水さえ嗅がされなければ、好ましい相手だったのかもしれない。




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全」
JLogosID : 12670712

この辞典の個別アプリ

雑学大全
「働きバチは1日6時間しか働かない」など、知的好奇心をそそる雑学の集大成。全1000項目を収録したアプリ。

【辞典内Top3】 性的に刺激する色  五節句廃止令  村八分?  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全2 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:26x19x4cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487799473

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト