MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全生活 > 食べ物

納豆
【東京雑学研究会編】

§納豆は腐っているはずなのに、なぜ賞味期限があるのか?

手軽に食べられるヘルシー食品として、納豆は人気がある。それは、ヨーグルトや味噌、醤油などと同様に、酵素がたくさん含まれた発酵食品だからである
ただ、発酵しているという言葉から、腐っている印象を持たれてしまうが、実際はそうではない。発酵と腐敗は違ったものなのである。この二つには細菌などの微生物が関係しているのだが、微生物にはよい役割をするものもあれば悪い役割をするものもある。納豆は納豆菌という、よい細菌が繁殖してできるもの。腐敗の場合は、カビや悪い細菌が働いて、物を劣化させてしまうから、同じでないことがわかる。
納豆の表面が白くなっているのは、そのよい働きをしている納豆菌が繁殖している証拠で、それが元気に働いていられる期間という意味で賞味期限があるのだ。
そもそも賞味期限とは、厚生労働省が所管の「食品衛生法」で定めたものである。以前は「品質保持期限」と「賞味期限」の両方の表示があったが、二〇〇三(平成一五)年七月に「賞味期限」に統一されている。それによれば、賞味期限とは「定められた方法により保存した場合において、期待されるすべての品質の保持が十分に可能であると認められる期間」ということ。
ちなみに、古くなった納豆は、臭いが強くなる、糸引が悪くなる、納豆そのものが柔らかくなる、べたつく、味が苦くなるなどの変化が見られる。発酵食品である納豆であるが、新鮮な賞味期限内に食べたいものである




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全」
JLogosID : 12670710

この辞典の個別アプリ

雑学大全
「働きバチは1日6時間しか働かない」など、知的好奇心をそそる雑学の集大成。全1000項目を収録したアプリ。

【辞典内Top3】 クラウチングスタート  五節句廃止令  性的に刺激する色  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全2 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:26x19x4cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487799473

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト