MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全社会 > 宗教

トルコの風呂
【東京雑学研究会編】

§本場のトルコ風呂とはどのようなものか?

アッラーの神に祈りを捧げるために身体を浄める沐浴は、イスラム教徒の日常の義務とされている。普通のバスタブを使って行われるもののほかに、浴室に暖気を満たして発汗させ、その後に身体を洗う一種の乾燥浴もある。この方法はイスラム世界のいたるところで行われていた。イスタンブールに来たヨーロッパ人がこの入浴法に目を留め、トルコ風呂と呼ぶようになったのである
ビザンツ(東ローマ)帝国領を征服したトルコ人は、ローマ風の公共浴場の制度を残し、これと古代からオリエントで発達した入浴方法を融合させた。これが「ハンマーム」と呼ばれる、本家本元のトルコ風呂である
ハンマームには、イスラム教モスクを思わせるような外観を持つものもある。中に入ると、まず、マスラハという広間がある。そこからバイトという温室をいくつか通り、最後にハラーラという蒸風呂に入る。構造はすべて石造りで、ドーム状の屋根を持っている。洗い場には衝立のような仕切りを設け、ブース状になっている。手荒いほどのマッサージをうけた後、マスラハにもどり、コーヒーやタバコを楽しむことができる。
浴場はジン(妖精)の好むところと考えられていて、左足から入る決まりになっている。中では、コーランを唱えないのが普通だ。女性も長時間くつろぐことが許されたので、古来、ハンマームはイスラム社会の最良のレクリエーション施設であった。
今日では、垢すりやマッサージをしてくれるのでエステ感覚で利用する人もおり、ヨーロッパやアメリカからの観光客でにぎわっている。




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全」
JLogosID : 12670700

この辞典の個別アプリ

雑学大全
「働きバチは1日6時間しか働かない」など、知的好奇心をそそる雑学の集大成。全1000項目を収録したアプリ。

【辞典内Top3】 凸凹  一か八か  芸能デスク  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全2 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:26x19x4cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487799473

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト