MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全生活 > 乗り物

鉄道①
【東京雑学研究会編】

§新橋〜横浜間の日本初の鉄道は、海の上を走っていた!

日本で最初に鉄道が開通したのは一八七二(明治五)年、新橋~横浜間であることはよく知られている。それでも、全長二九キロの線路は、かなりの区間が海の上に敷かれていたという。これはあまり知られていない。
海の上に鉄道を通すのは、陸地より大変なはずだが、何か特別な意図があったのだろうか。どうして海の上を走らせたかというと、土地を確保できなかったからだ。
確かに新橋から品川にかけては藩邸、商家や民家がたちならんでいた。しかしそれは大きな問題でなく、さらに厄介な難関がひかえていたのだ。新橋~品川間にあった陸軍の軍用地である。鉄道建設に反対する軍部が、軍事上その土地が必要であると主張して、軍用地を提供してくれなかったのだ。
そのため鉄道用の切り通しをつくるときに出た土をもちいて、汐留から品川までの海岸線約二・六キロに土手を築き、その上に線路を敷いたのである
海の上に線路をつくったのはほかにもある。横浜駅(現・桜木町付近)の手前の野毛海岸から約一・四キロの区間も、海の上に線路を敷いた。横浜駅にいたる野毛海岸はカーブしており、当時は大きな入江になっていた。陸地に沿って鉄道を走らせると遠回りになるので、海岸から七五メートルの沖に土手を築き、その内側は埋め立て、鉄道を通したのである
ちなみに、その工事を引き受けたのが、横浜の高島嘉右衛門という商人。現在の横浜市に残る高島町は、彼の名にちなんだ町名なのだ。
一方、羽田空港への足として利用されている東京モノレールは、現在運河の上を走ることが多いが、開業当初は海の上や海の中を走っていたのだ。現在も残る海底トンネルは、その当時の名残である




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全」
JLogosID : 12670637

この辞典の個別アプリ

雑学大全
「働きバチは1日6時間しか働かない」など、知的好奇心をそそる雑学の集大成。全1000項目を収録したアプリ。

【辞典内Top3】 凸凹  一か八か  メトロノーム  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全2 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:26x19x4cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487799473

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト