MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全生物の不思議 > 植物

月見草
【東京雑学研究会編】

§月見草という花はない?

現在一般的に月見草と呼ばれているのは、待宵草などのことであって、本物の月見草ではない。
そもそも、月見草が日本へ入ってきたのは、嘉永年間の一八五〇年代のことだ。
太宰治の『富嶽百景』に登場するなど、日本人になじみのある花なのだが、実際におめにかかるとなると、これは大変にむずかしい。
本来、月見草はひじょうに弱い草花であり、野生ではなかなか育たないと言われているのだ。
つまり、道端や山道で気軽に、この花と出会うことはできないのである
では、私たちが、日ごろ月見草と呼んでいるあの黄色い草花はというと、マツヨイグサやオオマツヨイグサなどであることが多いようだ
これらは、月見草ととてもよく似ていることから、俗称的に「ツキミソウ」と呼んでいるので、あながち間違いではない。しかし、本物の月見草ではないのだ。
月見草の花の色は白色であり、四弁花のやさしい花を夏季に咲かせる。花言葉は「浴後の美人」と名づけられるほどスマートすっきりとした葉の形をしている。
月見草というだけあって、この美しい白い花は、夜空に月がのぼり始める夕刻より花を咲かせて、太陽がのぼり始める頃、しずかにつぼみとなる実に風情のある花なのだ。




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全」
JLogosID : 12670625

この辞典の個別アプリ

雑学大全
「働きバチは1日6時間しか働かない」など、知的好奇心をそそる雑学の集大成。全1000項目を収録したアプリ。

【辞典内Top3】 クラウチングスタート  五節句廃止令  性的に刺激する色  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全2 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:26x19x4cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487799473

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト