MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全生物の不思議 > 昆虫


【東京雑学研究会編】

§「チョウ」と「ガ」はどう違うのか?

優雅に舞うチョウチョウに、「きれいだね」と目を細めている人でも、誰かが「違うよ、それはガだよ」などと言おうものなら、悲鳴を上げて身を遠ざけようとするのではないだろうか。
そもそも、「チョウ」と「ガ」は、どこが違うのだろうか?
これには、さまざまな説がある。昼間飛ぶのがチョウで、夜に現れるのがガ。胴体が細いのがチョウで、太いのがガ。ひらひら飛ぶのがチョウで、ばさばさ飛ぶのがガ。触覚の形がすっきりと単純なものがチョウで、羽毛状になっていたり複雑なものが「ガ」。羽を立てて止まるのが「チョウ」で、広げて止まるのが「ガ」、などが区別の基準だと言われている。はては、「触っても平気なのがチョウで、毒があってかぶれるのがガ」「きれいなのがチョウで、気持ち悪いのがガ」という人までいる。
しかし、実のところ、これらはすべて俗説で、「チョウ」と「ガ」には、生物学上の区別は何もないのである
両者とも、昆虫の中の鱗翅目に属し、シロチョウ科やスズメガ科といった分類はあるものの、これは単なる仲間分けにすぎない。例えば、「イカリモンガ」というガは、昼間に活動し、羽を立てて止まる。俗説に従えば、これは、チョウということになる。
日本語には、「チョウ」「ガ」という二つの言葉があるが、フランス語ではどちらも「papillon」、中国語でもどちらも「胡蝶」という、美しい名前で呼ばれている。だから、「チョウ」「ガ」というのは、あくまでも単なる呼び名にすぎないのである
ちなみに、日本以外にも区別のある国はあり、英語では、チョウが「butterfly」ガが「moth」、韓国語ではチョウが「nabi」、ガが「naban」と呼ばれている。
チョウと呼ばれるのは、鱗翅目の中の、ほんの一割程度にすぎない。ガだからといって、気味が悪いと決めつけるのは何の根拠もないことで、ガにとっては気の毒な、勝手な人間の思い込みなのである




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全」
JLogosID : 12670620

この辞典の個別アプリ

雑学大全
「働きバチは1日6時間しか働かない」など、知的好奇心をそそる雑学の集大成。全1000項目を収録したアプリ。

【辞典内Top3】 五節句廃止令  上野アメ横  炭坑節  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全2 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:26x19x4cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487799473

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト