MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全地理 > 場所

地名
【東京雑学研究会編】

§日本に存在する不思議な地名

変わった地名は数々存在すれど、宮崎県川南町にある「トロントロン」という地名は横綱級かもしれない。日本の地名でありながら、その語感は外国語のようであり、片仮名で書くところもすこぶる珍しいである
どうしてこんな名前がついてしまっただろうか。
一八七七(明治一〇)年のこと。西郷隆盛を中心とした旧薩摩藩士たちは、明治政府と正面から衝突。反政府暴動として西南の役が勃発した。
熊本県の田原坂で、官軍に敗れてしまった西郷軍は、鹿児島を目的地として南へ南へと敗走していた。高千穂から延岡を経由して、この地を通ったときに、戦いに疲れ果てていた西郷隆盛の耳に、泉からわき出る水の音が「トロントロン」と響いたという。
政府との対立、それに対する反発、そして、意を決しての反乱……。今でいえば戦争で荒れた西郷の心を、水の優しい音は癒してくれたのだろう。その耳に鳴り響いた「トロントロン」という音がそのまま地名になったという説がある。
そのほかにも、江戸時代、参勤交代一休みした一行が、この泉からトロトロとわき出る水を口に含んだところ、あまりのおいしさに驚いてこの名前がついたという説もある。「トロトロ」の水がやがて「トロントロン」と呼ばれるようになったというのである
いずれにしても、トロントロンは、美しい水の音。癒しの地名なのである




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全」
JLogosID : 12670612

この辞典の個別アプリ

雑学大全
「働きバチは1日6時間しか働かない」など、知的好奇心をそそる雑学の集大成。全1000項目を収録したアプリ。

【辞典内Top3】 凸凹  一か八か  メトロノーム  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全2 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:26x19x4cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487799473

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト