MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全自然 > 宇宙

地球の自転
【東京雑学研究会編】

§五〇億年後には一日が四四時間になる!?

地球は二四時間で自転しているから、一日は二四時間であるこんなことは小学生でも知っている事実なのだが、実はこれは永久的な事実ではない。地球が誕生して以来、その自転速度は少しずつ遅くなってきており、これから先も、地球の自転速度は確実に遅くなっていくはずなのである
その大きな原因は月の引力、すなわち潮汐力だ。地球上の海は、月の引力によって干潮と満潮を繰り返しており、そのとき、海水と海底の間には大きな摩擦が生じているのである。この摩擦が地球の自転にわずかではあるがブレーキをかける形になり、地球の自転速度は少しずつ遅くなっているというわけである
ではその速度はどれぐらいかというと、一〇万年に一秒遅くなる程度なので、当然、地球上で暮らしている人には全く実感できない。ただ、この数字を使って地球誕生の頃の地球の自転速度を計算してみると、なんと地球は現在の約五倍もの速さで自転していたことになるのである
現在の五倍の速度で回っていたとしたら、一日はなんとたったの五時間程度。まだ生命が誕生する前のことだが、もし生物が存在していたとしたら、あまりにも慌しくて、さぞかし落ち着かなかったことだろう
では、この先はどうかと言うと、地球の寿命といわれる五〇億年後には一日は四四時間程度にも長くなっているはずなのだ。
ほんの僅かとはいえ、年月とともに確実に少しずつ長くなっていく地球の一日。地球最後の日は、それがたとえいつであろうとも、正真正銘「地球の最も長い一日」となるわけである




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全」
JLogosID : 12670605

この辞典の個別アプリ

雑学大全
「働きバチは1日6時間しか働かない」など、知的好奇心をそそる雑学の集大成。全1000項目を収録したアプリ。

【辞典内Top3】 炭坑節  芸能デスク  男女マーク  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全2 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:26x19x4cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487799473

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト