MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全学校じゃ教えてくれない?! > 単位

地球の重さ
【東京雑学研究会編】

§地球の重さの正しい測り方

人間の体重なら体重計に乗ればすぐに測れるし、象やトラックだって、今の技術力を持ってすれば重さぐらいは簡単に測ることができる。でも、もっとどんどん大きくなって、秤に乗せられないものを測るのは大変なことだ。それが地球ともなれば、もちろん秤で測ることなんてできないし、重さを知ることは不可能としか思えない。
なのに、地球の重さは、「六×一〇の二四乗キログラムであると判明しているのである。これは一体どうやって測ったのだろうか。
この膨大で不可能とも思える計測を可能にしたのはニュートン。「物体はその質量に比例した引力で、ほかの物体を引っ張る」という「万有引力の法則」によって弾き出された数字なのである
実際にどうやるかといえば、重さ一グラムの物体と砲丸を用意し、まずは地球の表面に置かれた一グラムの物体に働く地球の引力を測る。その上で一グラムの物体に対する砲丸の引力を調べるである。その結果、地球の引力が砲丸の引力のX倍だったとすれば、地球の質量は、砲丸の重さのX倍だということになるわけである
この理論をもとに、実際に実験して計測に成功したのは、一八世紀末イギリス物理学者で科学者のヘンリー・キャベンディッシュだ。ニュートン没後五八年目のことで、計測する方法を生み出したニュートンは、自分では地球の重さを知らないままこの世を去ったのである




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全」
JLogosID : 12670604

この辞典の個別アプリ

雑学大全
「働きバチは1日6時間しか働かない」など、知的好奇心をそそる雑学の集大成。全1000項目を収録したアプリ。

【辞典内Top3】 凸凹  観客動員数  炭坑節  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全2 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:26x19x4cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487799473

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト