MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全趣味 > 書籍

地図帳
【東京雑学研究会編】

§地図帳のことをどうして「アトラス」というのか?

地図帳とは、一定の大きさにまとめられたたくさんの地図を書籍の形に編纂したものである。欧米ではこれをアトラスと呼び、日本でもそのまま外来語としてアトラス名付けられている。
さて、このアトラスという名前の由来はなんなのだろうか。
最初に、地図帳に「アトラス」という名前がつけられたのは、一六世紀に地図学者メルカトルが手掛けたものを息子であるモルトが完成させたときである。『アトラス│宇宙学者の考察』とタイトルがつけられ、イラストが描かれていた。そこからきた呼び名アトラスだったのである
ちなみに、アトラスとはギリシア神話の登場人物である。テイターンという巨神族の一人で、ゼウスを倒そうと神々と戦うも、破れてしまった男だ。神に逆らった彼は罰せられ、世界の西の果てに送られて一生天を支える柱を背負うことになったという。
それでアトラスはそこから名付けられたという説があるのだが、イラストに描かれていたのは地球を支える男、アトラスではなく、手に地球儀を持つ男だった。どうも、このモデルになったのは、人類で最初に地球儀を作製したといわれるリビアの王、アトラスだったようである
いずれにしても、これをきっかけに地図帳アトラスと呼ばれるようになったことだけは間違いない。




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全」
JLogosID : 12670607

この辞典の個別アプリ

雑学大全
「働きバチは1日6時間しか働かない」など、知的好奇心をそそる雑学の集大成。全1000項目を収録したアプリ。

【辞典内Top3】 クラウチングスタート  性的に刺激する色  炭坑節  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全2 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:26x19x4cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487799473

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト