MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全生活 > お金

耐火金庫
【東京雑学研究会編】

§どうして二〇年という使用期限があるのか?

いざ火災になっても、内部をしっかりと守る耐火金庫。実に丈夫で、何十年でも使用可能に思えるが、耐火金庫には二〇年という使用期限があり、それ以上使用すると十分な耐火効果が得られないのである
なぜ二〇年で耐火性が失われてしまうのか?
耐火金庫で使用されている耐火材と呼ばれる部分には大量の水分が含まれていて、その水分が金庫を熱から守っている。耐火材には発泡コンクリートと呼ばれる特殊なコンクリートが使われていて、金庫の壁に注入されると化学反応によって膨張し、隅々まで行き渡ると、乾ききらないうちに密封される。このときに残った水分が、金庫に熱が加わったときに水蒸気となって噴き出し、金庫内部を冷却するのである
ただ、水分は年月とともに少しずつ抜け出してしまい、やがて金庫内部を冷却するには十分なだけの量がなくなってしまうのだ。だから二〇年という使用期限が定められているわけである
この使用期限は「日本セーフ・ファニチュア協同組合連合会」(日本セフ連)によって設定されているもので、JISが耐火試験を行って規格の合否を出している。購入のときには、この規格を満たしたものであるどうかチェックするといいだろう
日本で規格が設けられたのは二〇〇〇(平成一二)年一月のことだ。阪神大震災で古い金庫の大部分が燃えてしまったことが契機となり、また国から耐火金庫の規定をもっと厳しくするようにと指導があったこともあって、はっきりと規格が設定されたのである
ちなみに、耐火金庫は火災には強いけれど、盗難には対応が不十分。火災と盗難の両方から金庫を守るためには、耐火と防犯の機能を兼ね備えた金庫を選んだ方がいい。




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全」
JLogosID : 12670562

この辞典の個別アプリ

雑学大全
「働きバチは1日6時間しか働かない」など、知的好奇心をそそる雑学の集大成。全1000項目を収録したアプリ。

【辞典内Top3】 五節句廃止令  炭坑節  一か八か  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全2 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:26x19x4cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487799473

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト