MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全地理 > 場所

水族館②
【東京雑学研究会編】

§水族館の海水はどのように持ってくるのか?

水族館には、さまざまな海の魚がいる。海の近くに水族館がある場合はそう問題はないだろうが、例えば池袋のサンシャインなど、都心にも水族館は存在している。こういう場合には、この海水は一体どこから持ってくるのであろうか?
水族館が建設されるとき、まず最初に考えられるのが良質な水の確保方法である
淡水の場合は、水道水を利用したり、地下水を利用したりするのでたいした問題はないのだが、海水はけっこう大変だ。
実は、水族館では汚染されていない質のよい海水を必要とするために、ポンプでくみ上げられている。生活排水や工業用排水もあって、海水もどこのものでもいいというわけではない。大きな川が流れこむような場所だと、塩分が薄められているために、魚の飼育には適していない。
そういう意味では、くみ上げるといってもそう簡単なことではない。砂浜などはパイプを通すといっても、砂が入らない工夫が必要なので、なかなか苦労があるようだ。多くの場合は、岩場にパイプを通してくみ上げられている。
採水はなかなか大変な作業なので、中には、海のそばにあっても、何十キロも離れた外洋まで、海水をくみにいっている場合もある。
内陸にある水族館の場合には、当然、これと同じように海水をくみ、船や給水車を用いて水族館に運ばれ、使用されている。その手間たるや大変なことなので、濾過槽を使用して、海水を再生して何度も使っているのである
どうしても海水が確保できない場合には、淡水と塩を使って、人工海水を作っている場合もある。




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全」
JLogosID : 12670496

この辞典の個別アプリ

雑学大全
「働きバチは1日6時間しか働かない」など、知的好奇心をそそる雑学の集大成。全1000項目を収録したアプリ。

【辞典内Top3】 五節句廃止令  上野アメ横  炭坑節  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全2 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:26x19x4cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487799473

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト