MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全生活 > 飲み物

ジン
【東京雑学研究会編】

§ジンは最初利尿剤だった!

ジンライムマティーニジントニックなどのカクテルに用いられるジン。これはオランダの医師が偶然発見し、最初は利尿剤として使われていたものだったのだ。
ジンは一七世紀の半ば、オランダの医師シリビウスが薬用酒を作ろうとジュニパリー・ベリー(杜松)の実をエチルアルコールに浸して蒸留していたら、そこから香りのいいお酒が生まれた。ためしに一口なめてみると、これがばつぐんにおいしかった。
とりあえず、ジンは利尿剤や解熱剤として薬局に並んだ。けれども当時の酒飲みたちは「これは薬だから」といいながら、おいしくて値段の安いこの酒を楽しんでいたらしい
このジンは一七世紀の末に、イギリスに「ジェネバ・ジン」の名前で伝えられた。やがて「ジェネバ」がなくなって、単に「ジン」と呼ばれ、世界各国に広がっていった。
現在、ジンはオランダ・ジンとロンドン・ジンが代表的だ。
オランダ・ジンはアルコール分四五%、淡黄色で重厚な風味が特徴。ストレートで飲むのが好まれる。
ロンドン・ジンはアルコール分四〇~五〇%で無色で辛口、ドライ・ジンとも呼ばれる。こちらはストレートよりもカクテルの基酒として広く使われている。




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全」
JLogosID : 12670481

この辞典の個別アプリ

雑学大全
「働きバチは1日6時間しか働かない」など、知的好奇心をそそる雑学の集大成。全1000項目を収録したアプリ。

【辞典内Top3】 五節句廃止令  上野アメ横  炭坑節  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全2 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:26x19x4cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487799473

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト