MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全社会 > 事件

勝訴
【東京雑学研究会編】

§「完全勝訴」と「全面勝訴」はどちらがよいのか?

裁判での判決で勝訴したときに「完全勝訴」と「全面勝訴」という表現がある。いったいどういう違いがあるのだろうか。
これは判決の内容によって、二つの表現が使い分けられている。実際の裁判を想定して説明してみよう。
例えば、騒音の問題で先方に慰謝料を二〇〇万円要求し、さらに防音装置を備えつけてほしい、夜九時以降は物音をたてないでほしいという要求を出していたとする。判決で、三つの要求がそのまま認められれば、これは「完全勝訴」である。請求通りの回答である。しかし、慰謝料が一五〇万円、防音装置をつけ夜一一時以降は静かにするということになった場合には「全面勝訴」となる。金額が減らされており、時間が九時から一一時となっているので、完全とはいえない。
同じように「一部勝訴」という場合もある。それは、例えば貸したお金を返せという裁判のときに、貸したはずの全額でなく、その半分を返すようにという判決が出た場合である。これを「痛み分けの判決」といったりするのである




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全」
JLogosID : 12670466

この辞典の個別アプリ

雑学大全
「働きバチは1日6時間しか働かない」など、知的好奇心をそそる雑学の集大成。全1000項目を収録したアプリ。

【辞典内Top3】 凸凹  一か八か  メトロノーム  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全2 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:26x19x4cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487799473

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト