MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全 >

しゃっくり②
【東京雑学研究会編】

§しゃっくりを止める方法

昔からしゃっくりを治そうと、いろんな工夫がなされ、今日まで伝承されている。
例えば冷たい水をコップ一杯くらい一気に飲む、一分間くらい息を止める、みぞおちを温める、どんぶりに水を入れ、上に箸を渡して、反対側からその水を飲む、びっくりさせる、胃部を冷やす、舌を引っ張る、眼球を圧迫する、首の後ろ側(第四頸椎の両側)を五分間くらい強く押えてもらう、梅酒を人肌程度にあたためて飲む、焼酎にしょうが汁を加えて飲む、柿のへたをせんじて飲むなど、科学的に根拠のあるものから、おまじないのようなものまで、実にたくさんある。
人々がいかにしゃっくりに困り、多くを試してきたかがわかるというものである
どんぶりの水を反対側から飲むのは、呼吸を止めるためであるし、柿のへたは漢方ではしゃっくり特効薬として使われている。一度試してみてはいかが……?




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全」
JLogosID : 12670441

この辞典の個別アプリ

雑学大全
「働きバチは1日6時間しか働かない」など、知的好奇心をそそる雑学の集大成。全1000項目を収録したアプリ。

【辞典内Top3】 凸凹  一か八か  メトロノーム  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全2 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:26x19x4cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487799473

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト