MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全地理 > 場所

注連縄①
【東京雑学研究会編】

§注連縄のルーツは?

日本の正月飾りの一つに注連縄がある。
注連縄の「シメ」とは、「占める、占有する」という意味であり、神様のいる神聖な場所への立ち入りを禁ずる境界のしるしとして使われていた。
『万葉集』に収められた額田王の歌、「あかねさす 紫野行き標野行き 野守は見ずや 君が袖振る」の「標野」は、朝廷が狩りをするために、立ち入りを禁じた場である
注連縄が張られているといえば神社だが、古代においては、神域の周囲全体に、ぐるりと注連縄が張りめぐらされていたと思われる。その後、神社の建物が整えられ、周囲には玉垣が置かれるようになったが、注連縄はそれ自体に霊力があり、魔除けになると考えられた。
現代でも、神社の建物ばかりではなく、神木や磐座など、神が降りてくるとされる場に、注連縄が張られているのを見ることができる。
また、注連縄は神聖な領域を区別するだけではない。正月に、家々の戸口に注連縄を飾ったり、村の境界に注連縄をめぐらせるのは、悪い者が入って来ることを防ぐためである
いずれにせよ、内と外の境界を示し、外部から不浄の者が入ってくるのを禁ずるものである




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全」
JLogosID : 12670434

この辞典の個別アプリ

雑学大全
「働きバチは1日6時間しか働かない」など、知的好奇心をそそる雑学の集大成。全1000項目を収録したアプリ。

【辞典内Top3】 凸凹  一か八か  メトロノーム  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全2 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:26x19x4cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487799473

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト