MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全社会 > 事件

自首
【東京雑学研究会編】

§自分で名乗り出ても自首にならないときがある?

自分で罪を認め、自首すると罪は軽くなると思いがちであるところが、この自首もなかなか難しいのだ。せっかく名乗り出ても自首にならないこともあるというのだから……。
刑法第四二条は自首について定められたものであるが「罪を犯し未だ官に発覚せざる前に自首したる者は、その刑を軽減することを得」と記されている。
つまり、犯罪があったことがまだ警察などの捜査機関に知られていないか、あるいは知られていたとしても、犯人が誰かわかっていない場合には、自首することで刑が軽くなるわけである
しかし、犯人が突き止められて全国に指名手配され、もう逃げられないと諦めて自首する場合は、刑の軽減にはつながらない。
さて、自首が認められた場合、刑の軽減がどのくらいであるが、これは裁判官情状酌量の部分である。実際には、どれくらい軽くなるという規定はなく、保証もないわけである




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全」
JLogosID : 12670417

この辞典の個別アプリ

雑学大全
「働きバチは1日6時間しか働かない」など、知的好奇心をそそる雑学の集大成。全1000項目を収録したアプリ。

【辞典内Top3】 炭坑節  芸能デスク  男女マーク  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全2 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:26x19x4cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487799473

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト