MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全生活 > モノ

再生紙
【東京雑学研究会編】

§再生紙はどのように生産されるのか?

紙の再生技術は進み、現在の古紙回収率は二〇〇二(平成一四)年で五九・六%にまで上がっている。中国での紙の使用量の増加から古紙相場が高騰し、ゴミ捨て場の古紙を持ち去る泥棒が頻発しているというニュースもあった。
B4版のコピー用紙一万枚は、原木を使うと直径二〇センチ、高さ一五メートルの木一本に相当する。年間一〇〇〇万枚で一〇〇〇本、一ヘクタールの森林をそっくり伐採する計算になるから、エコロジーの面でもリサイクル率向上は急務だろう
現在では新聞紙とチラシを分別しなくてもよくなった。また、真っ白再生紙も多くなっている。これだけ種類も多く、多様に印刷された古紙から、どうやって再生紙を作るのだろうか。
紙は繊維を水の中でばらばらにした状態で漉き、薄く平らにして乾燥させて作る。繊維の正体は、木材などから作られるパルプ(植物繊維)だ。
パルプの成分は、グルコースからなる多糖類の一種でデンプンに似た「セルロース」で、デンプン同様に互いにくっつく力がある。その力は水に弱く濡れるばらばらになってしまうが、逆にいえば、ばらばらになったパルプをもう一度漉き直せば再び紙にできるわけだ。
まず、集められた古紙は大型のミキサーに入れられ、水や薬品につけて加熱、攪拌されるすると紙はどろどろになり、同時にインクもはがれていく。
インクをはがすのは脱墨剤という薬品だ。原理は洗濯用の洗剤と同じ。水になじむ成分と油になじむ成分からなり、後者がインクにくっついて紙から引きはがす。
紙から離れたインク集めるのは細かい空気の泡だ。泡にインクがくっついて浮かんできたところを、へらでかき集めたり空気で吹いたりして取り除く
それからスクリーンという機械で、プラスチックや金属などの異物を取り去る。最後にウォッシャーで汚れを洗い落とし、漂白すればきれいな再生パルプのでき上がりだ。
この再生パルプを、新品のバージンパルプなどほかのパルプと混ぜ合わせ再生紙にする。
ただし、パルプが傷むから何度でも再生できるというわけではなく、三回くらいが限度だという。




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全」
JLogosID : 12670373

この辞典の個別アプリ

雑学大全
「働きバチは1日6時間しか働かない」など、知的好奇心をそそる雑学の集大成。全1000項目を収録したアプリ。

【辞典内Top3】 五節句廃止令  上野アメ横  炭坑節  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全2 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:26x19x4cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487799473

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト