MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全 >

魚①
【東京雑学研究会編】

§魚は、いつ、どうやって眠るのか?

池のコイは、夜になるとじっとしているが、あれは眠っているのだろうか? 魚にはまぶたがない(フグなどの例外もいる)ので、いつも目を見開いており、眠っているのか起きているのか、見ただけではよくわからない。
魚は、睡眠スタイルも寝る時間も、生態に合わせてさまざまである
カツオのように大群を組んで回遊する魚は、一生泳ぎ続けており、止まるときはすなわち死ぬときであるそれでは、眠ったりしたら群れに取り残されてしまうのではと心配になるが、眠っていても泳ぎはやめない。ヒレさえ動かしていれば、群れの一匹として、ともに運ばれていくそうだ。彼らは、いっせいに夜に眠るわけではなく、泳ぎながら交代で眠る。群れで泳ぎながら眠る仲間には、イワシ、サバ、アジ、サンマなどがいる。
人間のように、昼に活動し、日没になると岩や藻の間に入ったり、岩に寄りかかったりして眠る魚は、コイ、フナ、マス、イシダイ、カワハギブダイハタハタなど、たくさんいる。シロギスやベラは、砂にもぐって、目と口だけを出して眠る。
反対に、夜行性なのが、ウナギやアナゴ、ウツボ、ヒラメ、カレイなどの肉食魚である。彼らは、夜にエサを探して活動するので、昼は水底で眠っている。
また、一日サイクルばかりではなく、まるで冬眠のように長い期間を眠ってすごす魚もいる。フナやコイ、ドジョウ、ウナギは、水温が下がりすぎると、眠って冬を越す。逆に、水温が上がりすぎると眠るのが、イカナゴやハイギョである
ユニークな眠り方をするのが、南日本の海の岩礁地帯に生息するアオブダイである日暮れになって岩陰に入ると、口から強い粘液を出して、自分の体をすっぽり覆ってしまう。その姿は、まるで分厚いパジャマを着たようであり、しかもアオブダイは、毎晩このパジャマを新たに作って眠るのである




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全」
JLogosID : 12670375

この辞典の個別アプリ

雑学大全
「働きバチは1日6時間しか働かない」など、知的好奇心をそそる雑学の集大成。全1000項目を収録したアプリ。

【辞典内Top3】 凸凹  一か八か  メトロノーム  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全2 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:26x19x4cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487799473

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト