MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全生活 > 飲み物

コニャック
【東京雑学研究会編】

§ワイン不況がコニャックを生んだ

コニャックというのは、フランスコニャック地方で造られる最上級のブランデーの名である
フランス原産地名称統制令によれば、フランス南西部のコニャック市を中心にしたシャラント県と、シャラント・マリティーム県にまたがる一定の地域内で、決められた規格で造られたブランデーに限って許される呼び名だ。
コニャック地方は、もともとワインの産地ではあったが、糖度の低いブドウだったためアルコール分が低く、酸味も強い、決して上等とはいえないワインしか造ることができないでいた。それでも、ビスケー湾(フランス西岸からスペイン北部にかけて大西洋の湾)を支配したオランダが、シャラント川をのぼってきてワイン買い付けてくれるようになったので、ブドウ畑の作付面積も大幅に増えていた。
一六三〇年、そんなコニャック地方はブドウの豊作に恵まれるところが、これが逆に不況をもたらしたのである
増やした畑で収穫した豊作のブドウで大量に醸造したところ、まずいワインなので売れ残り、もてあましてしまったそこで、すでにアルザス地方で行われていた、ワインを蒸留して別の酒にする方法を真似してみたところ、予想外のおいしいブランデーとなったのである
それ以後、味をよくするための蒸留技術の研究が進められ、ルイ一四世、ナポレオン一世などに愛される銘酒に育っていったのである。それを誇るように、ラベルには熟成度が表示され、三ツ星で三年、VSOPで八年、ナポレオンとなると一二~二〇年、最上級のエクストラとなると、三〇年以上の熟成を経たものといわれている。




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全」
JLogosID : 12670353

この辞典の個別アプリ

雑学大全
「働きバチは1日6時間しか働かない」など、知的好奇心をそそる雑学の集大成。全1000項目を収録したアプリ。

【辞典内Top3】 凸凹  一か八か  メトロノーム  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全2 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:26x19x4cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487799473

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト