MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全生活 > お金

固定相場制
【東京雑学研究会編】

§一ドルが三六〇円に決められた何とも適当な理由とは?

円は一ドル三六〇円である、とはっきり決まっていた時代があった。今はもう定年を迎えたり、そろそろタイヤの時期を迎える予定のおじさんたちが、世界中から「エコノミックアニマル」などと呼ばれながらも必死で働いていた日本の高度成長時代のことである
円が一ドル三六〇円と決まったのは一九四九(昭和二四)年のことである
その当時の日本経済は大混乱を極めていた。戦前は一ドル四円二六銭と決まっていたが、敗戦とインフレで円の値打ちが急落し、しかも輸出と輸入では円の値段がマチマチ。同じ輸出や輸入であっても、物によってはレートが違うという無茶苦茶ぶりで、利権屋の跳梁次第でどうにでもなる状態だったのだ。
これではマズイということで、日本経済再建のために来日していたアメリカのドッジ特使が、為替レートの一本化を行って決定したのが一ドル三六〇円だったわけである
では、この金額の基準はどこにあったのか?
一本化すると決心したものの、ドッジ特使を中心としたスタッフ大いに困り果てた。日米間での取り決めがなかなかまとまらず、レートいくらにするかがちっとも決まらないのである
そんな中、ドッジ特使に随行していた一人の人物が、
「円とは何だ? 円とは丸ではないか。丸い円は三六〇度だから、一ドルも三六〇円にしよう」
と提案したのである
なんとも適当で、いい加減で、やけくそ気味の提案ではあるが、なんとこれがあっさりと受け入れられ、一ドルは三六〇円と決まってしまったである
以来、一九七〇(昭和四五)年に日本が変動相場制に移行するまでの二〇年以上もの間、一ドルは三六〇円ということで、日本経済を取り仕切ってきた。その決定理由がここまでアバウトだったとは、戦後間もない頃の日本がいかにアメリカになめられていたかがわかろうというものだ。




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全」
JLogosID : 12670351

この辞典の個別アプリ

雑学大全
「働きバチは1日6時間しか働かない」など、知的好奇心をそそる雑学の集大成。全1000項目を収録したアプリ。

【辞典内Top3】 凸凹  一か八か  メトロノーム  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全2 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:26x19x4cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487799473

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト