MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全生活 > 健康

月曜病
【東京雑学研究会編】

§月曜日に身体がだるいのはどうしてか?

週休二日制になり、休養する時間が増えたはずなのに、あいかわらず月曜日の朝は起きるのが辛く、職場についても、しばらくの間身体がだるく、仕事に集中できない……こんな人はけっこう多いようだ
これがいわゆる「月曜病である。この病気、一体どのようにして起こるのだろう
最大の原因は、休日中に調子がずれてしまった体内時計である。明日は休みだというので、深夜映画を見たりして、つい夜更かししてしまう。そして、翌日は朝寝坊をする。これで、体内時計に遅れが生じてしまう。
平日は朝六時に起きる人が、土曜、日曜に一〇時まで寝ていたとすると体内時計は四時間遅れになる。しかし、日曜の夜は明日の仕事に向け、平日の就寝時刻に寝床につく。ところがなかなか眠れない。それでも、月曜の朝は六時に起きなければならない。睡眠不足のまま、職場や学校に出かけることになる。
休日中に四時間遅れになった体内時計では、朝の六時起床というのは、午前二時に起きるのと同じである。これでは身体がだるくなるのも当然であろう。
おまけに、休日中に友人と出かけたり、家族サービスのために車で遠出をしたりした場合など、相当身体に疲れが残る。精神疲労も残っているだろうそれで、月曜の朝はいっそう身体がだるく感じられるである
睡眠不足、疲労、生活リズムのくずれ、これらが重なるようでは、せっかくの週休二日制も意味がない。心身ともに健康になれるような休日の過ごし方について、それぞれ考える必要がありそうだ




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全」
JLogosID : 12670306

この辞典の個別アプリ

雑学大全
「働きバチは1日6時間しか働かない」など、知的好奇心をそそる雑学の集大成。全1000項目を収録したアプリ。

【辞典内Top3】 五節句廃止令  上野アメ横  炭坑節  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全2 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:26x19x4cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487799473

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト