MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全ヒトの不思議 > 男と女

結婚指輪
【東京雑学研究会編】

§結婚指輪はどうして薬指にはめるのか?

今日では、結婚式というとたいてい指輪の交換がなされていて、男女を問わず既婚者が左手の薬指に指輪をはめている姿は、ごく普通のものになってきた。
この結婚指輪始まりと意味については歴史的に見て多くの説がある。その一つは、指輪は、花嫁が略奪されて、男の家につながれていた頃の、足かせの名残りを表しているという説。
また別の説は、実際に指輪が結婚式ではめられ始めた時代にさかのぼる。それは、前二八〇〇年頃のエジプト第三王朝期。「輪」は、始まり終わりもなく、永遠を表すと考えられ、永遠の愛を誓う結婚のシンボルとみなされたという説である
金の指輪は、裕福なエジプト人や後期ローマ人に尊重されたようだ。ポンペイの遺跡からは、二〇〇〇年前の指輪が多数出土しているという。
結婚指輪をはめる指については、古代ヘブライ人の場合は人差し指にはめていたし、インド人は親指にはめるのが普通であったという。左手の薬指にはめるという西洋の慣習は、ギリシア由来のもので、しかも、ギリシア人の間違った人体解剖の知識がもとになっている。
前三世紀のギリシアの医者たちは、「恋の血管」が薬指から心臓までまっすぐにつながっていると信じていたのだ。だから心からの愛を象徴する指輪を薬指にはめるということは、それなりに理にかなっていたのだ。ローマ人もギリシアの人体解剖図に習っていたようである
キリスト教徒の場合は、花婿が花嫁の指に指輪をはめる際、三位一体方式という手順があった。まず、「父なる神」と言って、指輪を花嫁の人差し指にちょっと差し込み、次に「子なる神」と言って、指輪を中指に移動させ、最後に「精霊の御名においてアーメン」と言いつつ薬指にはめた。
ほかには、指の中でいちばん弱い薬指を指輪で支え、夫への絶対服従の証にしたという説もある。ちなみに、東洋では結婚指輪に、象徴的、宗教的意味はなかったようだ




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全」
JLogosID : 12670304

この辞典の個別アプリ

雑学大全
「働きバチは1日6時間しか働かない」など、知的好奇心をそそる雑学の集大成。全1000項目を収録したアプリ。

【辞典内Top3】 クラウチングスタート  五節句廃止令  性的に刺激する色  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全2 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:26x19x4cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487799473

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト