MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全 >

K2
【東京雑学研究会編】

§世界第二位の高峰「K2」の名前はただの測量番号だった!

世界第二位の高さを誇る「K2」は、カラコルム山脈の最高峰である。カラコルム山脈は、アジア大陸の中央に位置している。そして「K2」は、中国とパキスタン国境線上に位置している。この山は標高八六一一メートルで、エベレストに次ぐ高さを誇る(人工衛星で測量するとエベレストより高いようだ。99ページ参照)。
さて、「K2」という名前はなかなかカッコイイのだが、実はただの測量番号だったのである。一八五六年のこと、インド測量局は、インドにある山を次々に測量した。そして、順番に番号をふっていったのである。Kはカラコロムの略で、番号は測量した順番だった。
例えば「K1」はマッシャブルム(雪の壁)、「K3」と「K4」はガッシャブルム(輝く峰)と名付けられたが、「K2」だけは名前がつけられなかった。人里から遠くはなれていたために、番号そのままに呼ばれるようになってしまったである
「K2」に初登頂したのはイタリア隊で一九五四年のことであるそして日本人が「K2」に登ったのは一九七七(昭和五二)年のこと。世界で二番目の登頂であった。それ以来、この険しいと評判の山を一〇〇人を上回る人が征服している。




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全」
JLogosID : 12670294

この辞典の個別アプリ

雑学大全
「働きバチは1日6時間しか働かない」など、知的好奇心をそそる雑学の集大成。全1000項目を収録したアプリ。

【辞典内Top3】 性的に刺激する色  凸凹  芸能デスク  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全2 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:26x19x4cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487799473

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト