MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全生物の不思議 > 動物

恐竜②
【東京雑学研究会編】

§恐竜が厳寒の海に耐えられたのは、身体が大きかったから?

厳寒の南極大陸から、中生代に棲息していた首長竜の化石が数多く発掘されている。首長竜といえば変温動物、というイメージが強いが、南極のような厳寒の大陸でどうやって首長竜たちは生きていけたのだろうか?
地球全体が暖かった白亜紀初期の首長竜の化石が南極大陸で発見されたのなら説明は簡単だ。けれども、首長竜の化石は南極が寒冷化してしまった白亜紀後期の地層からたくさん発見されているのだ。
もちろん現在も南極にはペンギンやアザラシなどの生物が多く住んでいるが、ペンギンやアザラシは恒温動物で、外界の気温が低くても体温を保つことができるし、分厚い脂肪で内臓を守ることもできる。
けれども首長竜は爬虫類、つまり変温動物。外界の温度が下がれば体温も下がり、体温が極端に下がれば身体が動かなくなって冬眠状態に入ってしまう。
白亜紀後期にはこれまで温暖だった地球全体に気候変化がおこり、寒い地域と暖かな地域の区別が生まれていた。さらに季節の変化もはっきりしてきた。だから、現在見られる鳥類や哺乳類のように、首長竜も渡りをしていたのだ、と考える研究者もいる。
現在の南極は夏でも厚い氷に覆われた極寒の地だが、地球全体の暖かった白亜紀初期までは、非常に温暖な気候だった。南米大陸やオーストラリア大陸とも地続きで、恐竜などさまざまな生物も移動することができたのだ。
また、首長竜は南極近辺に定住していて、カエルやヘビのように寒い季節には冬眠をしていたという説もある。
しかしそうしなくても、「慣性恒温性」という効果によって、厳寒の環境の中でも首長竜たちは体温を維持して生き続けることができただろう。つまり、身体が大きければ大きいほど、体温が外に逃げていきにくく、厳寒の南極でも体温維持ができたと考えられるである
巨大な首長竜たちは冷たい海の中でも一定の体温を保ち、流水や氷河によって流れ込む栄養分豊かな水の中に生活していたという。




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全」
JLogosID : 12670255

この辞典の個別アプリ

雑学大全
「働きバチは1日6時間しか働かない」など、知的好奇心をそそる雑学の集大成。全1000項目を収録したアプリ。

【辞典内Top3】 クラウチングスタート  五節句廃止令  性的に刺激する色  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全2 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:26x19x4cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487799473

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト