MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全生物の不思議 > 植物

キョウチクトウ
【東京雑学研究会編】

§フグより怖いキョウチクトウ

夏の季節、枝の先端にむらがるように美しい花をつけるキョウチクトウ
原産国はインドであるが、日本でも桃のような可愛らしい花を咲かせることから、庭木として鑑賞用に用いられている。
品種も多数あり、桃色のほかに白、黄色などの花も咲かせ、ほんのりと芳香もある。この可愛らしいキョウチクトウ花言葉調べると「危険」という言葉がつけられている。
実は、このキョウチクトウ、樹皮や根にはネリアンチン、果実にはアルカロイド類といった有毒物が含まれているのだ。有毒植物は同時に薬用植物として利用される事が多く、このキョウチクトウも薬用として役立っていることも事実だ。
そんな恐ろしい有毒物を持つキョウチクトウには、悲惨なエピソードがいくつかある。
日本では、その昔兵士が箸のかわりにキョウチクトウの茎を使ってしまい、苦しいおもいをしたという。
海外では、フランス兵がスペインへ進軍した際、フォークがわりにキョウチクトウの茎を用いてしまい、これが原因で七人の兵士が死亡してしまったという実話も残されている。
なるほどキョウチクトウの中毒症状を調べてみると、薬用として心筋の収縮力の強化、利尿作用、副作用としては、食欲不振、嘔吐の誘発、多量に使用した場合には心臓停止による死を招く場合もあると書かれている。




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全」
JLogosID : 12670253

この辞典の個別アプリ

雑学大全
「働きバチは1日6時間しか働かない」など、知的好奇心をそそる雑学の集大成。全1000項目を収録したアプリ。

【辞典内Top3】 クラウチングスタート  性的に刺激する色  炭坑節  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全2 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:26x19x4cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487799473

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト