MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全生物の不思議 > 動物

カメレオン①
【東京雑学研究会編】

§カメレオンの舌はなぜ伸びるの?

カメレオンが餌を捕食している様子を見たことがあるだろうか。獲物をターゲットにしたら、ピュッと長い舌を伸ばしてさっとキャッチしてしまう。
カメレオンの舌はどうしてあんなに伸びるのだろうか。一体、あの舌はどこに隠されているのだろうか。
カメレオンの舌は、実にそのからだの長さと同じくらい伸びるという。この舌は、いつもはバネが縮むようになって、舌骨につながる逆Vの字になった骨のまわりに、おさめられている。しかし、一度餌を見つけると、それを精一杯伸ばすのである
カメレオンは体色を変化させ、周囲とまぎれながら餌となる獲物を待つ。獲物を見つけるのは、ぎょろりと大きなである。この目は、顔の左右に突出しており、四方八方へと動かすことができる。そして、獲物を見つけると、カメレオンゆったりした動きで近づいていくのだ。
射程距離内に近づいたら、ここからのカメレオンの動作は素早いまるで舌なめずりするかのように舌を出し入れするとまるで射撃のような勢いで、舌を発射する。舌の先には粘液がついており、それで餌となる昆虫をからめとるのであるそして、舌を引き戻すと餌を食べることになる。この時間、なんと二〇分の一秒というから、普段ののろのろした動作とは比べ物にもならない。肉眼では、ほとんど見ることができないほどの素早さなのである
しかし、中にはせっかく獲物を見つけても伸ばした舌の距離が足りなかったり、引き戻すときにせっかくの餌を取り落としたりという、情けないカメレオンもいるとか。舌先の殺し屋にもドジなタイプがいるようだ




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全」
JLogosID : 12670211

この辞典の個別アプリ

雑学大全
「働きバチは1日6時間しか働かない」など、知的好奇心をそそる雑学の集大成。全1000項目を収録したアプリ。

【辞典内Top3】 凸凹  一か八か  メトロノーム  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全2 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:26x19x4cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487799473

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト