MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全自然 > 天候

雷①
【東京雑学研究会編】

§雷の稲妻はなぜギザギザに見えるのか?

雷というと、ギザギザに表現される。確かに、ピカッときたときの雷の光はギザギザして見えるそして、その後にバリバリバリというお馴染みの怖い音がするのである
では、なぜ雷は起こるのだろうか。雷は、雲の中に含まれている水や氷のつぶがぶつかりあい、そこに電気が起きてしまって、それが空気中に流出する現象なのだ。
それがギザギザに見えるのは、空気が絶縁体で電気を通さないという性質があることに関係している。電気を通さない空気に放出された雷は、その行き先を探して、より流れやすい道を探して、どんどんどんどん枝分かれしていく。
そして、空気の中をあっちへこっちへとさまよいながら、より通りやすい道を探しているのである。あのギザキザは、雷のすごさを表しているのではなく、行き場のなくなった電気がどんどん枝分かれしていった一部なのだ。
私たちの目には、最初の強い電気が起こり、枝分かれしていく所が見えるため、あのギザギザに見えてしまうのである
ちなみに、雷の稲妻は雲の下だけではなく、雲の上にまで突出している。雲の上では、ブルージェットレッドスプライトという現象が起きている。ブルージェットは、高度四〇から五〇キロで銀色に光る現象で、レッドスプライトは、高度八〇から九〇キロで赤く光る現象である。これは、上空の空気分子の活動が引き起こすものだが、雷に比べるとかなり起こりにくい現象だといえよう。




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全」
JLogosID : 12670209

この辞典の個別アプリ

雑学大全
「働きバチは1日6時間しか働かない」など、知的好奇心をそそる雑学の集大成。全1000項目を収録したアプリ。

【辞典内Top3】 凸凹  一か八か  メトロノーム  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全2 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:26x19x4cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487799473

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト